トピックス

iPhone修理をしたらLINEのトークが消える!対処法は?

ブログ

iPhoneが故障してしまい、修理したいと考えてはいるものの、修理と同時にLINEのデータが消失してしまうのではと、不安に感じている方はいるのではないでしょうか。

LINEは簡単にデータ引き継ぎが可能であるものの、トーク履歴は事前に準備しておく必要があったり、引き継ぎが行えないものが存在したりするため、iPhoneの修理前には注意が必要です。

本記事では、iPhomeの修理を行うにあたって、修理後でも問題なくLINEを使用できるように、データの引き継ぎ方法などについて解説します。

iPhoneの修理を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

なお、iPhoneの修理を浜松でするならモバイルリペアへ。地域最安値・高技術で修理可能です。

データの引き継ぎなどについても、一貫してサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

iPhone修理をしたらLINEのトーク履歴は消えます

iPhoneの修理に際して、iPhoneの初期化が必要である場合は、LINEのトーク履歴は消えます。

また、一度消えてしまったトーク履歴を復元することはできないため、LINEの情報の引き継ぎは行えたとしても、これまでのトーク履歴は確認できなくなってしまいます。

そのため、iPhone修理を出す前には、後述する方法でバックアップを取っておくことが必要です。

バックアップを取っていればiPhone修理でLINEのトークは消えない?

iPhoneの修理を出す前にバックアップを取っていれば、iPhone修理によってLINEのトークが削除された後も復元できます。

iPhone修理に出してからLINEをインストールした時点では、トーク履歴が消えてしまっているのですが、その状態でLINEのバックアップをインストールすることによって、トーク履歴の復元が可能になるのです。

iPhone修理後もLINEのこれまでのトーク履歴を保持しておきたい方は、必ず事前にバックアップを行っておくとともに、復元方法も確認しておきましょう。

iPhone修理の前にLINEのバックアップを取ることは必須

iPhone修理の前には、必ずLINEのバックアップを取っておきましょう。

ここからは、LINEのトークのバックアップを取る手順で、LINEの引き継ぎの方法について解説します。

LINEのトークのバックアップ手順

LINEのトーク履歴のバックアップは、PCを使うことなく取っておくことが可能です。

なお、LINEの「設定>アカウント」からメールアドレスとパスワードを設定しておきましょう。これがなければトークの復元が行えたとしても、そもそもLINEの情報の復元が不可能になってしまいます。

LINEのトークのバックアップを取るための手順は、下記の通りです。

  1. LINEを開き、「設定>トーク」の順で選択する
  2. 「トークのバックアップ」を選択する
  3. 「今すぐバックアップ」をタップする

iPhoneの操作が可能であれば、修理に出す前にバックアップを取っておきましょう。

LINEの引き継ぎとは?

そもそも、トークの引き継ぎを行う以前の問題として、LINEのデータの引き継ぎを行う必要があります。

LINEの引き継ぎを行う方法は下記の通りです。

<修理前のiPhone>

  • LINEアプリを最新版にアップデートする
  • 登録しているユーザー情報を確認する
  • 先述した方法でLINEのトーク履歴の画像を保存する
  • 「設定>アカウント」から、「アカウントを引き継ぐ」をONにする

<修理後のiPhone>

  1. iPhoneにLINEをインストールし、「はじめる」をタップする
  2. 次の画面で電話番号を入力する
  3. SMSから認証コードを確認し、そのコードを入力する

修理後は上記の3ステップを行うことで、LINEの引き継ぎが完了します。

なお、修理前のiPhoneが操作不能となっており、上記の設定が行えない場合であったとしても、メールアドレスやパスワードを設定しておけば、引き継ぎが可能です。

LINEのトークは復元できる?

先述の方法でLINEのトークのバックアップを取っていた場合、そのバックアップを取得することで復元することが可能です。

しかし、バックアップを取っていない場合は、トーク内に入っていた画像等のメディアも含め、復元することが不可能です。

そのため、iPhoneの修理を行う場合は、必ずトークのバックアップを事前に取っておきましょう。

iPhone修理とLINEのバックアップに迷ったらモバイルリペアへ

iPhone修理

対応時間

iPhoneが操作可能である状態であり、LINEのバックアップを取るところからサポートする形であれば、30分程度で完了いたします。

万が一、修理後でデータが消失しているものを復旧したい場合や、その他故障によって消えてしまったデータを復旧する場合は、再度お見積り・1週間程度のお時間が必要となります。

iPhoneのデータ復旧に関しては、「iPhone修理費用の詳細ページ」で料金・注意点をまとめています。ご確認ください。

iPhoneとLINEに関するQ&A

iPhoneの修理や買い替えを行った際に、LINEの引き継ぎが上手くいくのか気になる方も多いことでしょう。

ここからは、iPhoneとLINEに関するよくある質問に対して、iPhoneのプロの目線で解説します、

iPhoneが壊れたらLINEはどうなる?

iPhoneが壊れたとしても、LINEそのもののデータが紛失することはありません。

しかし、iPhoneの故障によって操作が不能になってしまった場合、そのiPhoneからLINEを操作できないことはもちろんのこと、トークのバックアップを取ることも不可能です。

iPhoneが故障かもと思ったら、操作ができる間にバックアップを取っておくと良いでしょう。

LINEの引き継ぎが36時間を過ぎたらどうなる?

LINEの「アカウント引き継ぎ」をタップしてから、36時間以内に新しい端末で引き継ぎを完了させる必要があります。

36時間以内に引き継ぎが完了できなかった場合、再度引き継ぎ前の端末で「アカウント引き継ぎ」をタップし、手続きを行う必要があります。

なお、「アカウント引き継ぎ」をタップできないまま、iPhoneの初期化が行われた場合でも、電話番号やメールアドレスなどの情報があれば、復旧することが可能です。

モバイルリペアで修理をさせていただいた場合は、具体的な引き継ぎ方法等もお話しますので、ご安心ください。

LINEで移行できないデータはある?

LINEの引き継ぎに際して、ほとんどのデータの移行が可能であるものの、一部のデータは移行できません。

移行できないデータは下記の通りです。

  • トークの背景
  • 通知音などの設定

なお、先述した方法でトーク履歴のバックアップを取っていない場合は、上記に加えてトークの履歴も初期化されます。

万が一iPhoneの復旧が不可能であり、Android端末に買い替えた場合は、OSの違いによって蓄積していたLINEポイントが消失する可能性もあるため、LINEポイントを多く持っている方は注意しましょう。

まとめ

本記事では、iPhoneの修理を行った場合に、データを引き継いで修理後もLINEを使用する方法について解説しました。

メールアドレスとパスワードを設定しておけば、修理前に設定をしていなかったとしても、修理後のiPhoneに友達情報などを引き継ぐことは可能です。

その一方で、事前準備なしにトーク履歴などのデータを引き継ぐことはできないため、iPhoneが操作可能な状態である場合は、本記事を参考にデータのバックアップを取っておきましょう。

なお、静岡県浜松市のモバイルリペアでは、iPhoneの修理・復旧はもちろんのこと、LINEの引き継ぎまでお客様のサポートをいたします。

浜松駅から車で10分の好立地であるため、iPhoneの修理を検討しており、データの引き継ぎにも不安がある場合は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

×

公式LINEまたは予約フォームから
お選びください。

今だけ!公式LINEに登録した方に、
スマホのガラスコーティング1,000円割引券をプレゼント中!

LINEアイコン
mailアイコン

※郵送修理をご希望の方はこちらよりお申し込みください

Page top