トピックス

iPhoneを水没させてしまったときの対処法

トラブル例

iPhoneのトラブル例『水没させてしまった』

仕事にプライベートにレジャーに、毎日持ち歩くスマホですが

ふとした瞬間に水没してしまうこともあります。

 

『お風呂につかりながら使っていたら湯船に落としてしまった』

『海や川、プールなどで遊んでいる時に水没してしまった』

『雨の強い日に水たまりに落としてしまった』

『トイレに落としてしまった』

などなど・・・経験のある方も多いのではないでしょうか?

 

特に夏の時期は、海水浴や川遊びに出かける機会も多く、他の季節に比べ、より水没しやすい時期と言えるでしょう。

スマホの水没は意外と多い事故なのです。

 

技術の進歩とともに、スマホの防水機能も高まってきてはいますが防水機能も完璧ではありません。

あくまでも水に多少は耐えられる程度です。

 

そもそもスマホは水に弱いものです。

「防水なんだから、ちょっとくらいは大丈夫だろう」

過信しすぎないようにしましょう。

 

 

スマホが水没した時の対処法はたくさん紹介されていますが

中には間違った対処法が紹介されていることもあるので注意が必要です。

間違った対処をしてしまうと、直すことが出来なくなったり

保存されている大切なデータを復旧することも困難になってしまいます。

 

 

今回はスマホが水没してしまった際の正しい対処法や、やってはいけないNG行動をご紹介します。

 


 

iPhoneを水没させてしまった時にやってはいけない行動

 

スマホを水没させてしまった場合、何とか自力で復旧をしようとあせってしまいますが

次に挙げる行動はまだ復旧する見込みがあるスマホの状態を悪化させてしまったり

故障の原因になる可能性があるため、絶対にやってはいけません。

 

 

1,スマホの電源をONにする

 

水没させてしまったスマホが故障していないか確認するために電源をON・OFFしたくなると思いますが、

端末の内部にまで水が入り込んでいる状態で電源を入れてしまうと、重要な基盤がショートして故障してしまう可能性が高くなります。

 

また、電源がONになっている状態で水没させてしまった場合も、同様の理由ですぐに電源をOFFにしたほうが良いでしょう。

 

 

 

2,水没したスマホを充電する

 

水没してしまったスマホや携帯の電源が入らないからといって、充電してしまうのはNGです。

充電は端末に電気を流してしまうので、基盤がショートして故障してしまう要因になります。

 

 

 

3,ドライヤーでスマホを乾かす

 

スマホが水没したときの対処法として、ドライヤーで乾かすという情報もありますが

乾燥にドライヤーは絶対に使用しないでください。

 

スマホは精密機器で、熱に弱い性質があります。

ドライヤーの温風は、かなり温度が高いので、いくらスマホを乾かせたとしても、基板が故障する可能性が高いのです。

 

それならば冷風で乾かせば良いかというと、そうではありません。

ある程度の気密性が保たれているとはいえ、風圧で水が入ってしまう可能性もゼロではありません。

ドライヤーの風をスマホに当てるのは、そういった意味でも故障のリスクを高めます。

 

 

 

4,水没したスマホを振る

 

水没したスマホや携帯の水分を出そうとして端末を振ったり逆さにすると

水がさらに内部に入り込んでまだ濡れていなかった部分にまで浸透してしまうなど、状況が悪化してしまう恐れがあります。

 


 

iPhoneが水没してしまったらやるべき対処法

 

 

いくら気をつけていてもスマホは常に持ち歩いて使用する頻度が高いので、水没させてしまう危険性はあります。

もし水没させてしまったら下記の対処法をご覧いただき、落ち着いて速やかに対処して下さい。

 

 

1,スマホ本体の水分を拭き取る

 

水没してしまったら、一刻も早くスマホの本体についている水分をタオルやキッチンペーパー等でしっかりと拭き取ってください。

外側が濡れていると、その水分が内部に入ってしまうこともあります。

 

 

 

2,SIMカード、SDカードなどを取り外す

 

外側についている水滴をタオルなどで拭き取ったら、可能であればSIMカードやSDカードをなどを取り出します。

 

スマホのデータはSIMカードやSDカードに保存されているものもあるため、

水滴を拭き取ることで、本体が故障していてもそれらの記憶媒体が壊れていなければ、

そこに記録されているデータを復旧できる可能性を残せます。

 

スマホ本体の水滴を拭き取っていたとしても思わぬところに水が浸入していることもあります。

カード類を取り除く際には、水が内部に入り込んでしまわないように細心の注意を払って、そっと取り外すことが重要です。

 

 

 

3,速やかに修理店で水没処理を行う

 

ここまで自分で出来る対処をし終えたら、あとは一刻も早く修理店に行き水没修理を行う必要があります。

 

仮に画面がついていたとしても、内部に水分が残っていたらいずれ故障してしまいます。

また、水没させた場所にもよりますが、水分の中には様々な不純物が含まれており、この不純物を洗浄しなくてはなりません。

そのため不純物と水分を取り除く『水没修理』が必要になります。

 


 

iPhoneの水没修理ならモバイルリペアにおまかせ!

 

 

上記のNG行動や正しい対処法に気を付けることで、復旧できる見込みを高めることが出来ます。

 

修理に出す際は、キャリアショップで修理をするといったんメーカーの修理センターへ送られて修理されるので、

スマホが手元に戻るまでに1週間以上時間がかかる場合もあります。

また、キャリアの保証に入っていない人は、高額な修理費用がかかってしまう場合もあります。

 

 

水没修理なら是非モバイルリペアにお任せください!

モバイルリペアならお得に即日修理が可能です。

高い修理技術を持った熟練スタッフが修理を担当させていただきます。

 

 

浜松でiPhoneが水没してしまった際の修理はお気軽にモバイルリペアへお越しください。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
iPhone,iPad,Android修理なら
mobile repair(モバイルリペア)
地域最安値☆画面修理、バッテリー交換、水没修理等
営業時間 月・火・木・金:10:00~20:00
土・日:9:00~20:00
定休日 毎週水曜日
店舗フリーダイヤル 0120-358-460
HP:https://www.inc-mobaripe.com/
〒432-8052
静岡県浜松市南区東若林町107
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

×

公式LINEまたは予約フォームから
お選びください。

今だけ!公式LINEに登録した方に、
スマホのガラスコーティング1,000円割引券をプレゼント中!

LINEアイコン
mailアイコン

※郵送修理をご希望の方はこちらよりお申し込みください

Page top