トピックス

iPhoneのコネクタ修理の料金【修理ならモバイルリペアへ】

ブログ

iPhoneを日頃使っている中で、充電ができないときがあったり、そもそもケーブルによる充電が不能になってしまったりしている方もいるのではないでしょうか。

充電ができない原因は、iPhoneの充電コネクタが故障していることである可能性があります。

その場合、修理を行わなければ充電を行えなくなる上に、PCとの接続も不可能になる可能性も考えられるでしょう。

また、修理が必要であることは分かっているものの、費用面や修理にかかる時間が気になって、なかなか修理に出せない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、iPhoneの充電コネクタを修理する際にかかる時間や費用、故障の原因などについて解説します。

iPhoneの充電が上手くいかないなど、心当たりがある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

なお、iPhoneの修理を浜松でするならモバイルリペアへ。地域最安値・高技術で修理可能です。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

iPhoneの充電コネクタ修理は40分程度で完了する

iPhoneの充電コネクタとは、充電ケーブルを差し込む部分のことです。

iPhoneの充電コネクタの故障がある場合、修理するのにどれくらいの期間が必要になるかが気になる方も多いでしょう。

結論から申し上げると、iPhoneの充電コネクタ修理は40分程度で完了します。

修理に出すための書類の記載や、手続きの時間を含めたとしても、1時間程度あれば充電コネクタの修理を行うことは可能です。

そのため、忙しい日々を送っており修理に出している間に、代替機を使うことに不安がある方でも、タイミングを見計らって修理に出すことを推奨します。

iPhoneの充電コネクタ修理の費用

iPhoneの充電コネクタの修理にかかる費用は、Appleの正規店で修理するか、民間の業者に頼むかによって異なります。

Appleの正規店では、iPhoneの充電コネクタの修理を行うにあたって、3〜4万円ほどかかってしまうケースが多いです。また、正規店では部品単体の交換を受け付けていないため、修理が不可能な場合もあります。

民間の業者に依頼することで、大幅に費用を抑えるとともに、部品交換による修理が可能です。

なお、浜松のモバイルリペアでは、地域最安値の価格で充電コネクタの修理を行えます。iPhoneの種類別でかかってくる費用は下記の通りです。

iPhone 12 PRO MAX 22,000円
iPhone 12 PRO・12・12 mini 19,000円
iPhone 11 PRO MAX・11 PRO 17,000円
iPhone 11 15,000円
iPhone XS MAX 8,800円
iPhone XS・X・8Plus 8,100円
iPhone XR 8,300円
iPhone 8・7PLUS・7 7,300円
iPhone 6S PLUS・6S・6 PLUS 6,600円
iPhone 6 6,500円

当然ながら、安かろう・悪かろうというわけではなく、数多くのiPhoneを修理してきた経験豊富なスタッフが、丁寧にお客様のiPhoneの修理を行います。

充電がうまくいかず、iPhoneコネクタの故障が疑われる場合は、まずは無料でご相談ください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

iPhoneのコネクタはなぜ壊れるの?

iPhoneのコネクタが壊れる要因として、代表的なものは下記の通りです。

  • 水没
  • 落下(破損)
  • 基盤損傷

それぞれ順番に解説します。

水没

iPhoneの充電コネクタは水分に弱く、水没はもちろんのこと、飲み物をこぼした程度であったとしても、故障の要因となり得ます。

水没した直前は特に故障が見当たらない上に、通常通り使っていたにもかかわらず、急に充電できなくなって、故障に気づくケースも少なくありません。

万が一水没してしまった場合は、操作を中断してiPhoneを乾燥させることに徹しましょう。

また、その後充電が上手くいかないことがあった場合は、すぐに修理に出しましょう。

落下(破損)

落下による破損も、充電コネクタが故障する要因となります。落下することで、充電コネクタそのものが壊れることはなくても、内部の基盤や配線が破損してしまうケースがあります。

これらの部位が破損すると、コネクタを接続しても認識されず、充電が行われません。

基盤損傷

充電中に衝撃が加わることによって、基盤が損傷してしまうこともあります。

基盤が損傷することで、充電ができなくなることはもちろんのこと、その他の機能が使えなくなったり、操作不能になったりするケースも多く見られます。

衝撃がなかったとしても、車のシガーソケットでの充電時に、過電流が流れることで破損するケースもあるため、シガーソケット利用時には注意しましょう。

iPhoneの充電コネクタを修理しないとどうなる?

iPhoneの充電コネクタを故障したまま放置すると、コネクタを介したiPhoneの充電ができなくなります。また、それだけでなくPCに繋いだ場合も、「不明なデバイス」と認識され、PCと繋げられなくなるケースも多く見られます。

PCと繋げられないことによって、PCとのデータの送受信が不可能になり、PCにバックアップを取るといったことが不可能になるでしょう。

このように、iPhoneの充電コネクタを修理しないでおくことで、多くの不具合が生じる可能性が非常に高いです。

たとえ充電ができる状態であったとしても、充電コネクタに破損などが見られる場合は、早急に修理に出すようにしましょう。

iPhoneの充電コネクタ修理はモバイルリペア浜松へ

本記事では、iPhoneの充電コネクタの修理にかかる時間や費用、故障の原因などについて解説しました。

iPhoneの充電コネクタが故障してしまうと、充電が不能になることはもちろんのこと、PCへの接続ができなくなるといった、不具合が生じてしまいます。

放置すると非常に不便であるため、早いタイミングで修理に出すことを推奨します。

また、浜松のモバイルリペアでは、地域最安値でiPhoneの充電コネクタの修理を行うことが可能です。

最短即日で、修理経験が豊富なスタッフが丁寧な修理をいたしますので、気になる方はぜひ一度、かんたん見積もりを行うか、実際にご来店の上ご相談ください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

×

公式LINEまたは予約フォームから
お選びください。

今だけ!公式LINEに登録した方に、
スマホのガラスコーティング1,000円割引券をプレゼント中!

LINEアイコン
mailアイコン

※郵送修理をご希望の方はこちらよりお申し込みください

Page top