トピックス

iPhoneのリンゴループ修正ならモバイルリペア浜松へ

ブログ

スマホ操作

iPhoneを使用していると、突然電源が切れてしまい、画面上でAppleのロゴが点滅する現象に見舞われた経験がある方はいるのではないでしょうか。

この現象は「リンゴループ」と呼ばれており、数あるiPhoneの不具合の中でも、操作不能になってしまう点から、非常に厄介なものの1つとされています。

本記事では、このリンゴループの主な原因具体的な対処法などを網羅的に解説します。

最後には、静岡県浜松市で地域最安値でiPhone修理を行っている、モバイルリペアにおけるリンゴループの修理費用などについても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

iPhoneのリンゴループとは?

スマホ操作

iPhoneのリンゴループとは、iPhoneの電源をONした際に表示されるAppleのロゴが、表示されたり、されなかったりする現象が繰り返し行われることです。

iPhoneのリンゴループが発生してしまうと、iPhoneを再起動しようとしても、Appleのロゴ表示のタイミングで止まってしまうため、iPhoneの一切の操作が不可能になってしまいます。

そのため、iPhoneのリンゴループが発生した際は、後述するリンゴループになった場合の対処法を取るとともに、改善したとしてもiPhoneの修理業者に見てもらうことが大切です。

なお、静岡県浜松市のモバイルリペアでは、地域最安値の価格で各種iPhoneの修理を行っております。リンゴループでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

iPhoneのリンゴループの原因は?

手に持ったスマホ

iPhoneのリンゴループの原因として、考えられる原因は下記の通りです。

  • iPhoneのストレージ容量不足
  • iPhoneの基盤故障
  • iPhoneのパーツ故障
  • iOSアップデートの失敗

それぞれ順番に解説します。

iPhoneのストレージ容量不足

iPhoneのストレージ容量が不足している場合、リンゴループが非常に起きやすい状態になります。iPhoneのストレージの容量が不足すると、ストレージが圧迫されるとともに、十分にデータ処理が行えなくなり、リンゴループに陥ってしまうのです。

特に、日頃iPhoneを使用している中で、動作がカクついていると感じていた場合は、ストレージ不足を真っ先に疑うべきです。

後述する対処法を行った上で、iPhoneが操作できる状態になったら、下記を実践してストレージに余裕を持たせましょう。

  • 容量の大きな写真や動画ファイルを削除する
  • 容量の大きいアプリを削除する
  • バックグラウンドで動くアプリを減らす

iPhoneの基盤故障

基盤とは、iPhoneの機能の心臓部分となっているパーツのことであり、水没や強い衝撃によって故障してしまうケースが多く見られます。基盤が故障してしまうと、エラーが発生するようになってしまい、その結果リンゴループが発生します。

水没や衝撃といった、分かりやすい外的要因のみならず、粗悪な非純正の充電ケーブルを用いた充電などが原因で故障することも多いため、iPhone周りのガジェット等は基本的にApple純正のものを利用しましょう。

iPhoneのパーツ故障

iPhoneの基盤といった中枢部分でなくとも、カメラ部品やディスプレイ部品などのパーツが故障していることによって、リンゴループが発生するケースも少なくありません。

Touch IDに関するホームボタンや、Face IDに関する部品などが故障することによって、リンゴループが発生する事例も多いです。

これらのパーツも基盤と同様に、水没や衝撃によって故障してしまうケースが多く見られます。そのほかにも、経年劣化によって故障する可能性もあるため、長期間同じ端末を使っている場合は注意しましょう。

iOSアップデートの失敗

iOSは、定期的にアップデート情報が配信されており、最新のiOSを使用することが推奨されています。このiOSをアップデートする際に、何らかの要因によって失敗するケースがあり、その結果リンゴループを引き起こすことがあるのです。

下記のような状態でiOSのアップデートを行った場合、アップデートが失敗しやすいので注意しましょう。

  • iPhoneストレージの容量が不足している
  • 接続しているWi-Fiの速度が安定していない
  • アップデート中に、iPhoneの充電切れなどで電源がOFFになった

iPhoneのリンゴループの原因は「点滅の速さ」で分かる

スマホ操作

ここまで解説してきたように、iPhoneのリンゴループの原因は実に多様であり、改善するためには複数の原因を想定したアプローチが必要です。

ここで一つ覚えておきたいこととして、iPhoneのリンゴループでは、Appleのロゴが点滅する速さを見ることで、何がリンゴループの原因となっているのかをある程度特定できます。

たとえば、ロゴが数十秒表示した後に再度ロゴが現れる場合は、iOSのアップデートの失敗や、ストレージ容量の不足といった、ソフトウェアの問題によるものであると言えます。その一方で、ロゴが10秒程度で消えてしまい、再度すぐに表示される場合は、ハードウェアの故障であるケースがほとんどです。

リンゴループに陥ってしまったら、ロゴの点滅スピードを確認して、何が原因と考えられるのかをある程度特定しておくと良いでしょう。

iPhoneがリンゴループになった場合の対処法

スマホ操作

iPhoneがリンゴループになった場合、下記の対処法を順番に取り組むことを推奨します。

  • 強制再起動
  • PCがある場合はリカバリモードでアップデート
  • SIMカードを抜いて再起動
  • 復元して対処する

それぞれ順番に解説します。

強制再起動

リンゴループが起こっている場合、通常の方法で再起動を行えません。そのため、「強制再起動」と呼ばれる特殊な方法で、再起動を行う必要があります。

それぞれのiPhone機種における、強制再起動の方法は下記の通りです。

  • iPhone6s以前:ホームボタンと電源ボタンを同時長押しする
  • iPhone7:音量ダウンボタンと電源ボタンを同時長押しする
  • iPhone8以降:音量アップボタンを押してすぐ離し、音量ダウンボタンを押してすぐに離す。その後、電源ボタンを長押しする

PCがある場合はリカバリモードでアップデート

リカバリモードとは、iPhoneのiOSを強引に最新のものにすることによって、iPhone上で起こっている不具合を解決するものです。多くの不具合を直すために使用される方法であり、リンゴループでも同様に効果が期待できます。

iPhoneのリカバリモードを使用するには、PCが必要です。

PCとiPhoneを用意した上で、リカバリモードでiOSをアップデートする方法は下記の通りです。

  1. iPhone上でiTunesを起動する
  2. PCとiPhoneを接続し、iPhoneの電源をOFFにする
  3. 電源ボタンを3秒間押し続ける
  4. iPhoneの機種に応じて、下記の手順を取る
    ⇒iPhone6s以前:電源ボタンとホームボタンを同時に10秒ほど押し続ける
    ⇒iPhone7以降:音量ダウンボタンと電源ボタンを同時に10秒ほど押し続ける
  5. 電源ボタンのみを離す

上記の手順を行うことで、iPhoneがリカバリーモードになるので、この状態でiOSのアップデートを行いましょう。

SIMカードを抜いて再起動

リンゴループは、SIMカードの故障や接触不良によっても起こる可能性があります。そのため、SIMカードの接触を改善することによって、リンゴループを除去できるケースも見られるのです。

SIMカードが原因の可能性がある場合は、SIMカードを一度取り出し、再度挿入し直してから再起動を行いましょう。

なお、SIMカードそのものが故障している場合、キャリアにSIMカードの交換を依頼する必要があります。

SIMカードに破損が見られた場合は、すぐに契約しているキャリアに相談しましょう。

復元して対処する

iPhoneは、MacPCと繋げることによって復元することが可能です。

iPhoneをMacPCと接続し、復元を行う手順は下記の通りです。

  1. iPhoneとMacPCを接続した上で、「Finder」を開く
  2. FinderからiPhoneにアクセスし、「ソフトウェア」の部分にある「iPhoneを復元」クリックする
  3. 復元時に使用したいバックアップの日付の選択と、パスワードの入力を行い、「復元」をクリックする

ただし、この方法は一度iPhoneを初期化する方法となっています。バックアップを取っていない場合は、iPhone上のデータがすべて消失してしまうため、直近のバックアップがない状態で行わないように注意しましょう。

iPhoneのリンゴループが直らない場合はモバイルリペアへ

iPhone修理

上記の方法を実践しても、iPhoneのリンゴループが直らない場合は、モバイルリペアにお任せください。

ここからは、モバイルリペアでのリンゴループの修理に関する詳細について解説します。

最短当日に修理が完了します

モバイルリペアでは、最短当日でiPhoneの修理を行うことが可能です。また、浜松駅から車で10分程度の場所にあるため、忙しい毎日を送られているサラリーマンの方でも、お気軽にご相談いただけます。

また、修理を行う際はどれくらいの期間・時間が必要になるのかを、明確にお伝えするとともに、場合によっては修理後のiPhoneを郵送することも可能です。

リンゴループの修理料金

リンゴループの修理に必要な料金は、状態や原因が何かによって異なります。

代表的なリンゴループの原因と、それぞれの原因を改善するための修理にかかる費用は下記の通りです。

なお、下記表においてはiPhone12の修理を行うことを前提としています。

修理内容 料金(税込)
バッテリー交換 11,000円
システム障害の改善 4,000円
容量不足の改善 要見積もり

リンゴループに関する修理は、お客様のiPhoneの状況や原因によって必要な費用が大きく異なります。

プロがお客様のiPhoneを確認し、根本的な原因を究明するとともに、最適な修理のプランのご提案をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

本記事では、iPhoneのリンゴループの原因や対処法、修理にかかる費用などについて網羅的に解説しました。

iPhoneのリンゴループは、不具合の中でも非常に多く見られるものの一つであり、様々な原因によって発生することから、適切な対処法や修理を行うことが大切です。ぜひ本記事を参考にして、適切な対処を行うとともに、再発しないように修理業者に相談する様にしましょう。

なお、静岡県浜松市のモバイルリペアでは、リンゴループを含めたiPhoneの不具合に対して、地域最安値で修理を行っています。数多くのiPhoneの修理を行ってきた、iPhone修理のプロが修理の対応をいたしますので、ぜひご相談ください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

×

公式LINEまたは予約フォームから
お選びください。

今だけ!公式LINEに登録した方に、
スマホのガラスコーティング1,000円割引券をプレゼント中!

LINEアイコン
mailアイコン

※郵送修理をご希望の方はこちらよりお申し込みください

Page top