トピックス

iPhoneのゴーストタッチとは?原因と5つの対処法を解説

ブログ

スマホ操作

iPhoneユーザーの中には、触ってもいない場所が反応したり、逆に触ったにも関わらず反応しなかったりする不具合が、iPhoneに見られる方も多いのではないでしょうか。

この現象は、ゴーストタッチと呼ばれるものであり、操作性を著しく低下させるとともに、様々なトラブルの元となり得るため、早急に対応することが求められます。

本記事では、iPhoneのゴーストタッチの原因や起こり得るトラブルを紹介すると共に、具体的な対処法についても解説します。

iPhoneのゴーストタッチでお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

iPhoneのゴーストタッチとは?

スマホ操作

iPhoneのゴーストタッチとは、iPhoneに触れていないにも関わらず、勝手に動作が行われることです。

何も操作を行っていないのに勝手にアプリが起動したり、逆に操作しているにも関わらず適切な動作が行われなかったりといった症状が見られます。

ゴーストタッチは操作の利便性を大きく低下させることはもちろんのこと、通販サイトの決済画面などで発生してしまうと、大きなトラブルに発展してしまうリスクがあるため、症状が見られたらすぐに解決することが大切です。

iPhoneのゴーストタッチの原因

スマホ操作

iPhoneのゴーストタッチの原因は下記の通りです。

  • ディスプレイに関する原因
  • ソフトウェアが古い
  • 端末内部での原因

それぞれ順番に解説します。

ディスプレイに関する原因

ゴーストタッチが起きてしまう原因として、最も多いのがディスプレイに関するものです。

iPhoneでは、画面上に弱い静電気を常に流し続け、指で触れた部分をセンサーで感知することによって、画面タップが可能になる仕組みになっています。

この静電気に対して画面上の汚れや傷、その他外的要因が干渉することによって、思いもよらない反応を起こしてしまうのです。

特に画面の破損が見られている場合は、それがゴーストタッチの原因になっていることがほとんどです。また、画面の破損はiPhoneの操作が可能であったとしても、急に機器そのものが使えなくなるリスクがあるため、できる限り早めに修理に出すようにしましょう。

ソフトウェアが古い

OSが古いことによって、iPhoneのゴーストタッチが起きている場合もあります。OSが古いと、システムの不具合が発生しやすくなり、その結果ゴーストタッチが発生してしまうケースが稀にあるのです。

OSが古い場合は、iPhoneの「設定>一般」からOSのアップデートを行いましょう。

端末内部での原因

ゴーストタッチの原因が端末そのものの故障であるケースもあります。

特に、多くのアプリを同時起動させた場合などに起こる「熱暴走」や、水没などが原因となって基盤が故障してしまい、その影響がゴーストタッチとして現れるケースがあるのです。

端末内部の故障が原因となっている場合、修理業者に依頼しない限り治ることはないため、内部の故障が原因と考えられる場合は、すぐに修理業者に依頼しましょう。

なお、iPhoneの修理を浜松でするならモバイルリペアへお越しください。
地域最安値の価格と、高い技術でお客様のiPhoneを快適な状態に戻します。

iPhoneのゴーストタッチが原因で起こるトラブル

スマホ操作

iPhoneのゴーストタッチが原因で、下記のようなトラブルが起こる可能性があります。

  • ロック解除ができない
  • 知らない番号に電話をかけてしまう
  • 画面をスクロールできない
  • 文字を入力できない
  • アプリが勝手に開いてしまう

それぞれ順番に解説します。

ロック解除ができない

ゴーストタッチが発生している状態では、ロック画面を思うようにスライドできなかったり、パスワードの入力を適切に行えなくなったりすることによって、ロック解除が不可能になるケースがあります。

iPhoneは、一定回数連続でパスワードを間違えると、一定時間使用できなくなり、11回連続で間違えた場合は、初期化しない限りそのiPhoneを使えなくなります。

ゴーストタッチによってパスワードを間違えて入力してしまい、ロックが解除できなくなるだけではなく、iPhoneそのものが使えなくなるリスクもあるのです。

知らない番号に電話をかけてしまう

電話番号を入力して電話をする際に、ゴーストタッチが発生してしまうと思いもよらない数字を入力してしまったり、そのまま発信が行われたりするリスクがあります。

これらが起こると、知らない番号に電話をかけてしまうこととなり、赤の他人に迷惑がかかってしまうことも考えられるでしょう。

見知らぬうちにゴーストタッチによって電話が起動し、誰かに電話をしてしまっているケースもあるため、ゴーストタッチが起こったら、このような事態になる前に修理することが大切です。

画面をスクロールできない

ゴーストタッチで生じやすい症状の一つとして、画面のスクロールができないことや、勝手に画面がスクロールされることがあります。

Webサイトの閲覧のほか、メッセージの確認なども難しくなるためiPhoneを使用する業務の効率が大幅に低下してしまいます。

注意して見るべきものを見れなくなるリスクもあるため、早急に治すべきと言えるでしょう。

文字を入力できない

ゴーストタッチが発生すると、自分の思い通りに文字を入力できなくなります。

正常なタップ操作ができなくなることによって、打ちたい文字が入力できなかったり、逆に打つつもりのない文字が入力されてしまったりします。

その上、ゴーストタッチが送信ボタンに適用された場合、文章を入力している途中で送信がされるリスクもあるため、コミュニケーションが困難になるでしょう。

アプリが勝手に開いてしまう

ゴーストタッチによってアプリのアイコンがタップされ、アプリが勝手に開いてしまうことも多いです。

アプリが勝手に開いてしまうと、無駄な電力の消費の原因となったり、iPhoneの動作が重くなったりする原因になります。

そのほかにも、LINEやMessangerなどのトークアプリが勝手に開かれると、知らず知らずのうちに他人にメッセージを送ってしまう可能性も考えられます。

iPhoneのゴーストタッチの対処法

スマホ操作

iPhoneのゴーストタッチが起きてしまっている場合は、下記の対処を行いましょう。

  • iPhoneを再起動する
  • ディスプレイをきれいにする
  • OSをアップデートする
  • SIMカード(SDカード)を再挿入する
  • 本体を低温にする(温度を下げる)

それぞれ順番に解説します。

iPhoneを再起動する

ゴーストタッチを含む、iPhoneの様々な不具合は再起動によって解消するケースが多くみられます。

そのため、ゴーストタッチが起きた場合も、強制再起動を行い様子を見ることから始めてみると良いでしょう。再起動によって解決しない場合は、後述する解決方法を一つずつ実践してみてください。

ディスプレイをきれいにする

画面上のゴミやほこり、水滴などがゴーストタッチの原因になってしまっているケースがあります。そのため、ディスプレイをきれいにすることで、ゴーストタッチが解決する可能性があるのです。

液晶フィルムを貼り付けている場合は、フィルムと画面の間の気泡やゴミが原因となっていることも多いため、一度外して画面をきれいに拭き、再度新しいフィルムなどを貼り付けることを推奨します。

また、フィルムの貼り付けを行う際は、ショップの店員さんに行ってもらうことで、気泡などが発生することなく、きれいに貼り付けられるため、自信が無い方は依頼すると良いでしょう。

OSをアップデートする

先述した通り、OSが古くなってしまっている場合、そのOSが原因でゴーストタッチが発生している可能性があります。

上記の方法で解決しない場合は、OSのアップデートがないかを確認し、最新のものでなければアップデートを行いましょう。

SIMカード(SDカード)を再挿入する

SIMカードやSDカードの接触不良が原因で、ゴーストタッチが発生しているケースがあります。特に、これらにほこりなどが付着している場合、接触不良が起こりやすくなり、結果としてゴーストタッチなどの不具合に発展するケースがあるのです。

本体の再起動やOSのアップデートを行ったにも関わらず、ゴーストタッチが改善されない場合は、SIMカードやSDカードの再挿入も行ってみると良いでしょう。

本体を低温にする(温度を下げる)

大量のアプリを同時に使用するなどして、iPhoneの容量を大幅に消費する使い方をしていると、iPhoneが熱を持ってしまうケースがあります。

iPhoneが異常な熱を持ってしまうことを熱暴走と呼び、この熱暴走が起きてしまうとゴーストタッチをはじめとした様々な不具合が生じてしまうのです。

ゴーストタッチが生じており、かつiPhoneが熱を持っている場合は、アプリ等を停止し、充電器に接続しない状態でiPhoneを放置しましょう。

iPhoneの温度を下げることによって、正常に動作する可能性が高まります。

iPhoneのゴーストタッチ修理はモバイルリペアにお任せください

iPhone修理

ここまで、iPhoneのゴーストタッチが発生した際の対処法について解説してきましたが、これら対処法を取っても症状の改善が見られない場合は、修理業者に依頼することを強く推奨します。

ここからは、モバイルリペアでゴーストタッチの修理を行う際の、モデル料金や時間について解説します。

ゴーストタッチの原因や、iPhoneの状況によって必要な料金や時間は異なるものの、ひとつの目安として参考にしてください。

修理料金

iPhoneのゴーストタッチの修理にかかる料金は、ゴーストタッチの原因が何であるかによって異なります。

ただし、ゴーストタッチの原因はフロントパネルにあることが多く、モバイルリペアでもフロントパネルを修理することによって、ゴーストタッチを改善した事例が非常に多いです。

モバイルリペアでフロントパネルを修理する際の料金は下記の通りです。

iPhone機種 修理費用(税込)
12 Pro Max 28,000円
12 Pro・12 24,000円
12 mini 23,500円
11 Pro Max 18,500円
11 Pro 15,000円
11 12,600円

修理時間

修理時間についても、ゴーストタッチの原因が何であるかによって異なります。

ただし、モバイルリペアでは、最短即日修理対応をいたしますので、他店に比べて修理にかかる期間を大幅に短くすることが可能です。

iPhoneを仕事で使っているなど、急ぎの原因がある場合は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

本記事では、iPhoneのゴーストタッチが起こった際に考えられる原因やゴーストタッチによる悪影響、対処法などを網羅的に解説しました。

iPhoneのゴーストタッチは、操作性を大きく損なうのみならず、誤動作によってトラブルを招く可能性があるため、できる限り早く修理を行うことが大切です。

なお、修理を行う場合は正規店に頼むよりも、民間の修理業者に依頼するほうが費用を安く押さえられる上に、素早く修理を行ってもらえます。

また、静岡県の浜松市のモバイルリペアでは、地域最安値の費用で修理を行えるため、ゴーストタッチでお悩みの方は、ぜひ一度ご来店ください。

ご相談・お見積もりは無料!

お気軽にお問い合わせください!

【営業時間】
月・火・木・金:10:00~20:00、
土・日:9:00~20:00 ※水曜定休

×

公式LINEまたは予約フォームから
お選びください。

今だけ!公式LINEに登録した方に、
スマホのガラスコーティング1,000円割引券をプレゼント中!

LINEアイコン
mailアイコン

※郵送修理をご希望の方はこちらよりお申し込みください

Page top